茶栗鼠の映画評論 リクエストありますかないよね(不安で句読点抜く人)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リクエストありますかないよね(不安で句読点抜く人)

 今日ね、今日ね。
 公明党所属の小母さまが、なんか握手しにきました。
 家、無宗教なんで(・・・・、違うか)
 なんできたんだろう・・・・。
 隣の晩御飯的に矢部さんとこへ、左へ受け流してもいがったんですがねぇ。
 
  
 さて、ボルタ電池っていうところをstudyしているのですけど、
「こっちはジョン・トラボルタのことしか頭になかった」
 といったようなことをいうと、
 皆知らなかったです。

 






いやぁ、面白そうなコメディですよねぇ。

 邦題じゃ、多分、
「一緒にポルノを作る方法」
 とかでしょうから。
 

プラトニックな親友関係の男女が、ポルノ映画で一儲けと画策するラブコメ。
セス・ローゲンとエリザベス・バンクス。

この手のコメディはさぁ、あれだよねぇ。

日本人は、見ないにょねぇ~


 みんな、セスしらないだろうしさ。

 はい。


 さて、この映画はなるはさんへ。

 PRIDE AND GLORY
父も兄弟も警官という一家で、汚職の疑いをかけられた家族のため捜査する主人公。
エドワード・ノートン、コリン・ファレル。

 


 二年間、お蔵入りくらっていた映画です。
 最近のコリン・ファレル出演作は興行収入が悪いですネェ。
 ロバダニの最新作も観たいですネェ。


 『ハイスクール・ミュージック3』が大ヒットしていますが、あれはいいや。
 ミュージカルはやっぱり、 『プロデューサーズ』!
 ちょっと皆 『ヘア・スプレー』観てるけど、あれは、ちょっとねぇ。

 コメディ映画とは、いえば、これですねぇ。
 早く入荷しろ!
 一陣の風のように。
 
 主演、ベン・スティラー。
 

 


 っていうか「トロピック・サンダー」の法が、早いよね。
 

 っていうわけで、みなさん。
 GEOでなんか借りてきますんで、リクエスト頂戴です;;
 
 期末試験は理数が無理ですね~;;
スポンサーサイト

テーマ : 映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

は!私へのメッセージが!!

『PRIDE AND GLORY』!!
この作品って、2年もお蔵入りだったんですか!?
予告からいっておもしろすぎて気がどうかしそうなのに!
エドワードの左ほほの傷が堪りません!(そこ?)
日本ではいつごろ公開になるんでしょうか。
絶対に観たいです~~っ!

>ミュージカルはやっぱり、 『プロデューサーズ』!
ちょっと皆 『ヘア・スプレー』観てるけど、あれは、ちょっとねぇ。
『プロデューサーズ』私も好きです。
ものすごく笑えて、でもミュージカルへのアイディアも欠かさない。
かなり力作で、もう一度観たい作品の一つです。

…対して『ヘアスプレー』…。
あんなに期待させといて「こんなもん!?」と思いました。
映画館で観なくて良かったと、胸を撫で下ろしてしまいました。

ミュージカル映画であれば『シカゴ』もオススメです!
既に鑑賞済みかもしれませんが。
『ムーラン・ルージュ』は音楽が絶品。あとニコールの美しさ!

ロバート・ダウニー・Jr.祭、第11段!おめでとう御座います

こんにちわ、なるはさん。

コメントありがとうございます。

 ミュージカルって外れるとキツイですよね。
 テンションが低く見られないだけに。
 最近の注目は、「マンマミーア」を観てみたいナァと思っています。あと、そういえば、茶栗鼠は「シカゴ」観て無かったですネェ。

エドワード・ノートンさん、一瞬誰か分からなかったです。役柄が広いんですねぇ。
これ、二年間、お蔵入りだったからか、日本公開の目処が立ってないんです;;コリンも好きだけど、もう出演作の大半が失敗して哀しいです。
興行収入も少ないから、未公開映画となるかもしれないです(その時は借りますけど)。
あと、ニコールさんは「マーゴット・ウェディング」と「ステップフォード・ワイフ」が観たいですネェ。
プロフィール

茶栗鼠

Author:茶栗鼠
洋画、海外テレビドラマ、猫について語るブログです。
1992年7月11日生まれ。九州男児。

最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。