茶栗鼠の映画評論 5IVE-ファイブ-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5IVE-ファイブ-

 さて今回の映画は『こんなB級映画はどうでしょう!?』様周辺にレビューしてもらいたい作品、つまり、 
 パッケージ偽装作品となっております。 
 faibu.jpg
 
 こう、裏に書いてあるのですね。
  「CUBE」や「ブレアウィッチ・プロジェクト」の大ヒットに始まり、「ソウ」のブレイクによって大人気ジャンルとなった「ソリッド・シチュエーション」。
 まぁ、要約するとただ密室なだけですけどね。


 そしてふと気付けば、配給がトランスフォーマーだという罠。 (気付け)
 

 
 あらすじ。
 自転車郵便メッセンジャーのエリックと、掃除婦のサンドラ、ナンか急いでるマイケル、妊婦のジェニファー。

 もう、妊婦がでたところで産気づくのは必至じゃん、
 と思いつつも鑑賞続行。 
 彼らは運悪く、エレベーターに乗り合わせ、なんか多分地震とかでベーターが止まってしまう。
 
 マイケルは取引先のために、なんか知らんけど電話をしています。
 で、やっぱり産気づく妊婦。  
 
 救助を呼ぼうにも、エレベーターの電話は通じないし、
 アメリカだから金融マン以外は携帯持っていない。  
 大事な電話会議中のマイケルから、電話をブッ取るエリック。

 ぶち切れるマイケル。
 でも電話が繋がらないエリック。

 ああ、どうしよう、と思っていると、
 
 掃除婦のおばさんが、いきなり心臓発作で倒れます 。 
 
 それでなんかしらんけど、マイケルは彼女を助けようともしません。

 ツンツンしてるだけです。

 多分、薬とかあったと思うんですけど、マイケルが邪魔して取れませんでした。 
 
 それでもう妊婦ははっちゃけて、破水します。

 で、マイケルは携帯の電池が切れたかどうかしたかで、大事な大事な商談がパァになってしまいました。

 まぁ、金融業会と地震は別ものだしね。


 で、なんかケッコーな時間待ってるけど、救助がこないです。

 そしたらマイケルがまたもやブチ切れて銃を取り出します。
 怯える妊婦。

 正義感のある男、エリックが立ち向かいます。

 そして、いきなりマイケルが幼少時代、差別されたことを暴露。

「ああそうか!俺が黒人だからか!」 
 
 もう皆は、オバマになるまで待てとしか言い様が有りません。
  
 それで自暴自棄になったマイケルは、
「俺、自殺してやる!」
 とヤケになります。
 でも、意表をついてここでツンツンするエリック。  
 
 それに吃驚したのか、そっこーでエリックは自殺します。

「うおおい!」  
 と、驚きます。

 エリックは正義感の強い男なので、
 
「くそうぅ、俺が悪かったんだ」
 と、泣き出します。

 「いや、エリックは悪くないわ」
 と、妊婦が慰めます。

 そして彼らは仲良くなり、ゲイであることを暴露するエリック。 
 
 そしたら、なんかマイケルが動き出して、また妊婦が産気づいて、そしたら救助隊がやってきます。

 そして外にでたエリックは、掃除婦さん死んだけど清々しい顔で去っていくのでした。

 「よかった、これで終わりだな」
 と思っていると、


 一年後・・・・・・


 とテロップが出ます。

 どうやら妊婦が子供を生んだらしいです。
「あなたは命の恩人よ」
 とか、妊婦の夫婦がいいます。

 なんか中良さそうにしています。

 で、マイケルの消息は不明。
 掃除婦さんは完全に忘却。
 エリックは性病にかかったかなんかで死ぬ運命にある、という映画でした。






 さて、
 あの冒頭のパッケージ画像ですが、
 まったく関係なかったですね^^
 
 あと、随所にファイブって言葉でてこないですし span>
 

 きつかったです。

 まぁ、オバマさんが大統領になってよかったね。
 
 結果、B級映画。
 レベル:ちょっと拷問
 
 できれば、1ぽち欲しかったり・・・・・・(今日は控えめ。テンションが低いので)→にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
 
スポンサーサイト

テーマ : 映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

こ、これは・・・ものすごいパッケージですね・・・!
ここまで似せると本当に悪質通り越して潔い!普通に間違えて手に取ってしまうでしょうねぇ。

そしてすごいストーリー展開ですのね。うん、すごくすごい。
うっかり観ないように注意を喚起してくれてありがとう。

ようこそです、Pさん。

類似品が多くて、別段困るっていうわけじゃないんですが、普通に面白くない意味の分からない映画にパッケージ偽装をされると、困ってしまいますよね;;
 この時、茶栗鼠はアルバトロス、だとか、トランスフォーマーだとかの配給会社を知らなかったので、つい手にしてしまいました。
 できるだけ、B級(拷問レベルのね)はあらすじをまとめようとします。
 
 あと、色々と、新作映画情報(「天国と地獄」とか)をありがとうございます^^
プロフィール

茶栗鼠

Author:茶栗鼠
洋画、海外テレビドラマ、猫について語るブログです。
1992年7月11日生まれ。九州男児。

最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。