茶栗鼠の映画評論 メメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メメント

 ちょっと時代遅れですが、これを観ました。
 mememnt.jpg

 原題 : Memento
製作年 : 2000年
 キャスト 
 ガイ・ピアーズ
 キャリー・アン・モス
 CSI科学捜査斑の人
 デスパレードな妻たちの人

 内容
 前向性健という記憶障害に見舞われた男が、最愛の妻を殺した犯人を追う異色サスペンス。
 今、どの時間なのか。
 それが分からない故に、時間の構成が新しい映画。

 
 さて、と。

 以下、ネタバレ。


 レナード、君もチャーリー(以下略)

 いや、そうじゃないです。
 っていうかね、今これみたらアウトじゃないですか!(色々と)
 
 
 皆さんは、十年前に現在を想像できたかというと、そうじゃないですね?

 そして、十年前にDVDを観たら凄いと思うでしょ?
  
 つまり、なんか他の映画に盗作されている感じが否めないわけですよ。

 最たるが、『ハイドアンドシーク 黒髪でかくれんぼ』なわけですが。
 

 日本語吹き替え版で鑑賞したんですが、小山さんあってますねぇ。
 やっぱりジャックの時は声変えてるのかな?
 こう、キアヌをやってる時と似てましたねぇ。

 主人公が徐々に追い詰められている様は非常に緊張感もあって、そしてこの手の作品でありがちな鬱陶しさがないです。
 最期は意表をつかれた感じで、最期のオチが最初に露見されているわけで。
 最初に行くまでが、最期まで描かれているのです。
 
 非常に面白い映画に思えました。
 製作が2000年なら、なおよろしいです。
 
 キャリー・アン・モスの最期のサングラス姿を拝んだわけですし。

 時折、メメントときくのでなんの映画だろうと思ったらこれだったんですねぇ。
 これで茶栗鼠も一歩、シネ・フィルに近づけました。
 
 ミステリテイストっていうか、完全なミステリ映画でしたね。
 その割に結構うまく作られていて。  
 最期まで作ったから、観客も最期まで付いてきてくれんでしょうね。

 80点。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
スポンサーサイト

テーマ : 映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

茶栗鼠

Author:茶栗鼠
洋画、海外テレビドラマ、猫について語るブログです。
1992年7月11日生まれ。九州男児。

最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。