茶栗鼠の映画評論 2015年02月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

300 <スリーハンドレッド> ~帝国の進撃~ (2014) 300: RISE OF AN EMPIRE

大ヒット作『300』の続編で、エバ・グリーン押しがすごい一作。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

ネタバレしてないです。

300_Rise_of_an_Empire.jpg

あらすじ

100万もの兵を率いてギリシャ侵攻を図るペルシャ帝国を相手に、300人の精鋭と共に戦いを繰り広げた果てに命を落としたスパルタのレオニダス王。彼の遺志を継ぐようにしてアテナイのテミストクレス将軍(サリヴァン・ステイプルトン)は、一般市民から成るギリシャ連合軍を率いてペルシャ帝国に立ち向かっていくが・・・・・・


●感想の前に
全体的な感想としては、手あかが付いた事しか言えないくらいの映画です。

この投稿の内容としては、300 <スリーハンドレッド> ~帝国の進撃~NAVERがあるとすれば、それの転載と思われても仕方ないくらい、皆さんが見た感想と似たり寄ったりです。多分。


●よかったところ
CG
エバ・グリーンの濡れ場
アクションは別にしょぼくなってないし、三国志の簡略版みたいな策略バトルは見もの

●わるかったところ
耳に蛸だろうけれど、前作の方がよかった
ペルシャ軍VSどこなのかいまいちわかんない
スパルタ軍がイモすぎるけれど、いつ行動を起こすか何となくわかる焦らし具合


Screanner.jpg

●全体的な感想
悪くはなかったけれど、続編は恐らく作られないと思われます
それと残念なのはこんなに独特な映画なのに、知らない人が多くて、それとエバ・グリーンも大ファンじゃないから、キャストにピンとくるものがなかったり。

65点
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

渡米

アメリカ渡航前日のブログ更新ーーーーーーー!

1403782327112.jpg
1403782279510.jpg

(タマの子供のマロちゃんです。目頭の模様より。
大きくなったので一応報告。里親さんよりの写真です)

てなわけで。

だれか落ちてた子猫を送ってほしいスタンスから、

おのぼりさん的テンションでお送りします。


で、またブログを少し休みます。
二月中に再開するけどね。
ブログDEロードショーのお誘いがあれば一応お願いします。

ちなみにロサンゼルスに行くよーーー‐

あけぼのさんって、どこ住んでるんだっけ(笑)?

HOLLYWOODの看板が見れれば問題はない!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

肉/We are what we are

R指定になる意味がわからないほどカニバリズムっぽいのが気持ち悪いだけのリメイク版、アメリカンホラー
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

259505.jpg

あらすじ
ニューヨーク州北部の田舎町。そこで生活しているパーカー家は、どこにでもいる慎ましく健全な一家にしか見えず、その長女アイリス(アンバー・チルダーズ)と次女ローズ(ジュリア・ガーナー)も自分たちがごく普通の家族にいることを疑っていなかった。そんな中、母親のエマが思いも寄らぬ事故で亡くなってしまう。深い悲しみに沈むアイリスとローズだったが、亡き母親に代わって一家の秘められた儀式を執り行うことになる。


●悪かったところ
なんにしてもテンポが悪い。
切り株要素に創意工夫がなく、ゴム製の肉を食うのが精いっぱいの特殊メイクのように思われる
ともかく何はともあれテンポが悪い
幼い弟がいるんだけれど、そいつの存在理由がそこまでわからない。
ホラーでありがちな演出で殺人を犯したと思わせぶりな態度を取るが、そこら辺は想像に任せてくる
親父に反抗するんだが、そこら辺がどこまで反抗してるか不明

●よかったところ
姉妹がかわいい
独特の映画だったなぁ、と思わせる終わり方
キャラクターがしっかりしてる
22b548c484ac12310422b3727149f74f-500x250.jpg

●全体の感想
こういっちゃ失礼だけど、フランス映画みたい


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー/Guardians of the Galaxy

アライグマが主演みたいな日本版CMで映画通を萎えさせたでおなじみのマーベル作品。
ちょっとだけ『アベンジャーズ』とも関連あるよ!
6cfca1809b2e8ed7.jpg

あらすじ
自らスター・ロードと名乗るトレジャーハンターのピーター・クイル(クリス・プラット)。ピーターは無限の力を持つパワーストーンのオーブを入手するものの、その後逮捕され刑務所にぶち込まれてしまう。ピーターは天才メカニックのロケットら刑務所で出会った仲間と脱獄するも、オーブの力で宇宙を滅亡させようとする強大な悪と戦うこととなり……。


さてにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

よかったところ
●この手のマーベル作品にしては120ぐらいの鑑賞時間で済むので安心
●登場人物が仲間になるまでがいい
●笑えるかは別として、コメディ要素が随所にあってよかった
●SF映画の定番なのかズーイー・サルダナさんがでてる(ついオープニングでデシャネルが出演してるんだぁって思う)
●ジョン・C・ライリーがB級映画感を出すことなく、逆に味があってよかったし、もうコミカル要素が強いですよね

悪かったところ
●勧善懲悪のいわゆるアメコミ映画で、ダークさや渋みがないただの大作感が強い
●コレクターってやつが出てくるんだけど、過去の作品を通算してもピンとこないんだよ。こいつが。
●ブラッドリー・クーパーの声優がピンとこない。悪いとは言わないけれど、彼だからっていうのがあまりなかったですね。『アメリカン・スナイパー』みたいなのまで出演できますから、悪口は言わないですけれど。

140725ktgotg-thumb-640x320-89175.jpg
思ったこと
●絶対に続編出るよね、これ。
●どっちつかずのSFよりコメディ要素がもう少しあったらなぁ

ただバンバン人が死んでる割には、なんか軽い感じが延々とあって、それを考えると、『スタートレック・イントゥ・ダークネス』の緊迫感とかちゃんとしてるんだなぁと再確認。
まぁ子供は勿論、別にSF活劇としてはいいので大人もまぁそこまで退屈はしないんじゃないかな。
それよか、『X-MEN Future&Past』のがよかったのは間違いないけれど。

65-70点

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
プロフィール

茶栗鼠

Author:茶栗鼠
洋画、海外テレビドラマ、猫について語るブログです。
1992年7月11日生まれ。九州男児。

最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。