茶栗鼠の映画評論 2009年07月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スーザン・アゲイン

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・、またかよ。

ベッドでつかれたナァとごろごろしていると、ふと気付いたんです。
学校の自習時間に、合宿にいってる知り合って浅い人の宿題を借りてたのを、です。(無断で)

ベッドの上ってことは家じゃない。
家で気付いたわけよ。

それで、今家にその人の宿題が・・・・・。

・・・・、前にもこんなことなかった

contents_xl.jpg


20070416110019.jpg

スーザン・メイヤー (Teri Hatcher)
カールという名の夫がいたが、彼の浮気が原因で離婚、今はしっかり者の娘ジュリーと二人暮らし。元夫への怒りは強いが、そろそろ新しい恋をしたいと思っている。そんな彼女はかなりのおっちょこちょいで、悪気はないが何かとよく問題を起こすタイプである。料理の腕は壊滅的に下手で、マカロニチーズしか作れない。 (海外ドラマ キャラクター図鑑様より)

はっはっは。ほんと悪気はないんだけどな(シッカリしている雰囲気だけはあった)。


っていうか、前は間違えて、女子のカバンを持って帰ったり(名前も知らなかった。クラスを変わったので今年の初めでしたし)。

さてさて、こんなお惚けがブログの管理人やらできるんでしょうか、と思ったりします。

こんな管理人ですが、よろしくお願いしまふ。



にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

トある日の茶色

『化物語』を読みたいですと、言ってみますが、中古で5、600円じゃないと買わないというケチらしさが目立ちますね。

『レッド・サン』を観たんですが、てかさ、てかさ、『GA』みたいな学校生活を送りたかった。
はっはっは、高いんですよねぇ。月謝。

そういえば、茶色はおバカ学校の一番優秀コースなのですが、おバカコースに合わせた学校行事となっておりますので、イライラします。
茶色は0~7時間目。おバカクラスは1~6時間目。
7時間目前の休み時間に、(四階なので)

この目下の方々って、どうして先に帰るのです

と、冗談を言ってみる茶栗鼠です。お茶目な部分もあるんですね。iPodに屋敷女いれてるメンヘル高校生ですね。

あと、夏休み講習会も、90分も長いです。それと今日は集会があって、おバカさんクラスが遅いのに加え、勉強合宿の説明を何度もおなじことをほざかれるので、一時間ほど帰るのが遅れました。

茶色がこんな愚図学校に通ってるなんて、不思議ですね。世界七不思議にナスカの地上絵が消えかかってますから、『ポスト地上絵・茶栗鼠』と申しても何ら問題はないと思います。
世界進出のために、世界七不思議に割り込もうとしても、このブログは健在です。

ええ、まぁ、あら、何やらごめんなさい

あと、短評ですが、『レッド・サン』
面白かったです。
いつかあげられると思います。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ


目に入れても可愛くない痛い妹なのね。(『化物語』より)

デトロイト・メタル・シティ

最近、Earth.Wind and Fire の『September』にハマってます。

Ba De Ya So do you remember
Ba De Ya Daning in September
Ba De Ya Never was cloudy a day
の。(最後歌詞違うかも)。

そいうえば、アクアにもハマってるんです。

aquatimez08.jpg

・・・・。
・・・・。
・・。

そうですよ!Aqua Timezなわけないじゃない!(時代に逆らう鼠、茶栗鼠がお送りします)。

いえ、普通に有名なUKのアーティストさんで、Aquaさん。
Aqua.jpg
9580386.jpg

2000年に解散して、07年に再結成されたみたい。
なんか、いい感じにポップしてるところがいいです。
代表曲なのかなぁ・・・・。Cartoon Heroesは、誰もが聴いたことがありすよ。

なんか、流石にブログ更新がないとどうもなぁと思って文章を打っていますが、なんとも変わり映えしないなぁ・・・・と思っております。
この前、『スター・トレック』を観にいこうと思ったのですが、とっくの昔に終わっていましたとさ。
うーん、『トランスフォーマー』観にいこうかな・・・。


516cpQrKZPL.jpg
悪霊退散!悪霊退散!怨霊、物の怪困った時は(違うか)。



松山さん、悪くないです。いや、嫌いじゃないし、別に『L』もよかったし。
かっこいいし。
加藤ローサさんですが、かわいい天然の子を演じてました。可愛かったです。

ええ、高橋一生もまぁ悪くなかったし。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
・・・・・・・・・・・(苦し紛れの星)

皆知らないよネ!(『スウィング・ガールズ』『世界の中心で~』『クライマーズ・ハイ』『怪奇大家族』など)
まぁ、邦画でよく観る、V6の岡田君と仲のいい人です。(変な紹介の仕方・・・・)

あと、松雪さんがアカデミー賞にノミネートでしたっけ?
綺麗だったし、はまり役ではありましたけど、別に、そこまでうまいって訳じゃ無かった気がするんだよなぁ…・。
まぁ、嫌いじゃないけど、それほど?って感じで。

2a121e67.jpg



松雪さんこと、社長がクラウザー家を訪問した時に、ドーベルマンを連れてきたり。
これなんですかぁ!という松山君に対し、

「グリとグラよ!」


と、叫ぶ松雪さん。
そういえば、懐かしいな。あのネズミちゃんたち。幼稚園以来ですよ。

31868971.jpg

もう、なんてことのないおバカ邦画ですね。

あと、原作通りに歌の歌詞をあげることなかったんじゃないかな?っていうか、性的な発言をものともせずに言ってのけるのは東京らしさかな?(といいつつ、性犯罪含め、色んな犯罪件数一位の都市に暮らす茶栗鼠)。

で、おバカ加減ありで、原作通りなところとか、映画だから割愛しなきゃいけないとことか。
ひっくりめて、まぁ邦画にしちゃ普通って感じかな?


最後あたりの微妙な、夢とか引っ張り過ぎた感はどうでもよかった。
あそこまで引っ張っておいて、ひよこカヨ。みたいな。


★★★。
うん。これぐらいが妥当。

結果的に言うと、やっぱり邦画はそんなに好きじゃないなぁ・・・。
黒沢監督好きだし、他にも名作はあると思うんですが、どうもレベルが低い気がして・・・・。
特に酷いのがホ(以下略)。

追記、夏休みの合宿が終わるころには、完全無欠の茶栗鼠になって、いつでもどこでもやりたい放題の栗鼠になって、チャットをする予定です。敬具。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ


僕のやりたかったのは、こんなバンドじゃないだぁ(劇中何度も出てくるセリフ)

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

テーマ : トランスフォーマー
ジャンル : 映画

ザ・フォール 落下の王国

エクリぃーーーーーーーーーーッ!


と、叫んでみますが、大半の方々はわからないかと思います。
要領をえない茶色の文ですから、いつもこ事か、とあきらめてるかもしれないです。

CSIの話です。
いま、シーズン1とシーズン2を歯抜けに飛ばして、シーズン5を拝見中です。

c0168844_11343759.jpg

この禿げた方がエクリーです。
おべっか野郎はいつでも出世が早い、ということです。

さて、今回の映画ですが、なかなかのファンタジー作品です。

51Uu4D1KHZL.jpg


左腕を骨折して入院中の5歳の少女アレクサンドリア(カティンカ・ウンタール)は、脚を骨折してベッドに横たわる青年ロイ(リー・ペイス)と出会う。彼は彼女にアレキサンダー大王の物語を聞かせ、翌日も病室に来るようささやく。再びアレクサンドリアがロイのもとを訪れると、彼は総督と6人の男たちが織り成す壮大な叙事詩を語り始める。(シネマトゥデイ)


なんていうか、童話的な要素があるようで。
それで、自殺、失恋といった、ブラック要素ですね。『バンズラビリンス』的な、ブラックパートがあるからこそ素晴らしい作品になっていくのですね。


これ、構想26年、13の世界遺産、24ヶ国以上でロケーション撮影され期間4年を費やして製作! というわけですから、凄まじいですよね。

うーん、純粋に登場人物に惹かれ、テンポも素晴らしく、映像はいうまでもないですね。
しかも衣装だって、素晴らしい。
名前は忘れましたが、いい衣装デザイナーさんだった気がします。



10147595699.jpg


ロマンチックで、これに取り込まれる少女、語る男。
こう、幼少期の多感な時期の、運命的な事件。


皆、演技も上等なものですね。しかも昔のアメリカの雰囲気が、ぷんぷん匂ってきます。そこら辺の美術的な配慮は欠かされていないですね。

なかなかポイント高いですね。
★★★★~★★★★☆

これがマークが少ないというのが、残念。
いろんな大作と並んで、レンタル店でDVDが並んでないのは残念なことですね。


1006985_01.jpg



にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ


そんな終わりかた嫌だ!

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

テーマ : 気になる映画
ジャンル : 映画

地球が静止する日( 『THE DAY THE EARTH STOOD STILL』)

最近、不幸が続いたせいか、映画を観る時間がありませんので、過去に観た映画でお願いしたいです。
あ、でも新作ですしね。
明日は何故か、意味のな下げな行事があるので、ちょっと夜遅めに寝るつもりです


      the-day-the-earth-stood-still03030911.jpg

あらすじ。

宇宙からの使者クラトゥ(キアヌ・リーヴス)。クラトゥの謎を解き明かすべく政府や科学者はやっきになる中、今訪れんとする危機に気付いたのはだけだった。(シネマトゥデイ)
インタビュー
アメリカのシアトルに大きな隕石がやってきて、
ヘレン(ジェニファー・コネリー)と息子(ジェイデン・スミス)が、『~Movie』シリーズのおバカで暇な会話みたいにぐだぐだを繰り返します。
っていうか、死んだ夫の連れ子役のジェイデン君、演技巧いの?
球体からロボットが出てきます。
スキンヘッドのな!
キアヌ・リーブスが出てきて、それがクラトゥで、コネリーちゃんが惚れて、
ウィル・スミスの息子がツンデレというやつです。


oo.jpg



何て素晴らしい映画なの!今の自分たちのことを考えされられる映画!(シーシェパードの方々より)

・・・・・・、あ!ウィル・スミスの息子が出てる!う、巧い演技ダネー。

そういえば、『HEROES』のクレア役の女性が、

日本人はクジラ食べるネー!野蛮人ねー!酢酸投げる―ネー!ということがあって、
アメリカ有数の熱心な環境保護オタクもびっくりの変じん奇人が大手を振って喜んだという作品です。

みんな大好きキアヌ・リーブスが、不思議ちゃんを演じることで、色々と紆余曲折のある作品でもあります。
オリジナルと、かなり違うようで、評判もよくなければ、興行収入も悪いです。

子供ジェイコブの成長。
義理の親子の愛と絆に未来を感じ
『球体』に自分の意志の変化を伝えに向かった。
そういった言い方というか、意味で感動したという人がいました。

はいはい。『どですかでんどですかでん』
oki.jpg


6,7歳の子供が、いっきに、地球の抱える問題点を直視し、父が再婚した女性と仲良くなるというとてつもなく、ヒューマニズムのない映画となっております。
しかも展開の一つ一つがうざいのですよね。

アメリカ合衆国は偉い国なので、テキトーな戦闘機で、ガンダムより強げな昆虫型になるペプシマン似のロボットに立ち向かいます。

そんなこんなで、☆という結果。
地上波でどうぞ、な映画でした。

ではでは、また後日。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ


You should let me go.
俺をここからだしてくれ。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

テーマ : DVD
ジャンル : 映画

フローズン・タイム(CASHBACK)

人の話を聞かないといつか後悔しますね。
手ごろな録音機械が欲しいです。


51OQV7vix1L.jpg
その時、やっと状況が動き始めた。


あらすじ: 美大に通っているベン(ショーン・ビガースタッフ)はガールフレンドのスージー(エミリア・フォックス)と別れてはみたものの、未練がましく「やり直したい」と申し出る。しかし、スージーにすでに新しい恋人がいるという事実を告げられベンはショックで不眠症になってしまう。(シネマトゥデイ)


なんとも言い難い映画でした。
別に、独特のテンポもないです。

何だか微妙な恋愛要素があったりするのが、時間を止めたい、この瞬間を味わいたいというのと相まってます。

友人との会話のところなどが面白かったです。ポップコーンの所は、下ネタの中でも笑わせてもらった部類に入ります。
バイト仲間に、格闘技好きの人がやってくるのですが、黄色帯でトンファーを所持しています。顏はまぬけな顔です。


cashbackfdfd2454fdfd.jpg

ちょっと店員さんとの恋愛が主題なんですが、主人公がヘマをするのに、根本的な女性に対する何かがあるようにしてくれないと、いやだったかもです。
それともっと後悔が欲しかったです。


ボスの誕生日のために、ストリッパーさんを紹介したり。
そういった平凡の日々のなかの出来事など。
っていうか、最初にでてきたストリッパーのやる気のなさ。
『ゾンビ・ストリッパー』と『ハロウィン』のイメージしかないので、残念です。

それと、日本人の格闘大好きな新人ですが、どうもこちらから見ると、変態です。
外国の人から見ると、こう映るんだなぁ・・・・ていうのが面白い感じはします。


この映画の主人公は不眠症ということですが、不眠症が何だか、眠らない体になる超能力的なものに感じます。
恋愛映画でありがちすぎる、元カノがキスをして、ヒロインが怒るっていうのがどうも長ったらしいです。
しかもCMやらなんやらで、ネタバレ的なシーンがあるので残念です。

主人公が、誤解を受けているのに、それを訂正できず、ボケっと立っているのも、気に食わないです。
これは元々、短編映画だったらしいですが、そっちも観たいかもです。

かといって、全然ダメな駄作というわけじゃないんですね。
皆さんのお楽しみ、最後のハッピーエンドが待ち受けているわけですから、満足はできますよね。
色々と成功して。


テンポはまぁまぁいい感じ。
★★★~★★★☆。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ


時間を止めることしかできなかった。減速しかできない。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

イースタン・プロミス

はっはっは。
夏期講習が始まります。
最悪なこと限りないです。12回もあります。そのうち3回は、どっかに勉強合宿せねばなりません。
ちなみに、大学進学を捨てて鑑みないクラスも同行するそうです。

なんども思いますが、ニュージーランド行けたらよかったのに!(新型インフルで行けずじまい。近くの大学は行けたそうですが。
ウチの高校は、地方の私立のイっちゃってる高校なので仕方ないですね)。

で、GEOの横行や、勉強や、小説進行などで、全然ブログがかけてなくて申し訳ないです。
さて、今回の映画は年齢制限ありなので、どうぞ最初に
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
←からバナーにいけるのです。


B1C7B2E820A5A4A1BCA5B9A5BFA5F3A1A6A5D7A5EDA5DFA5B9.jpg




あらすじ: ロンドンの病院で産婦人科医をしているアンナ(ナオミ・ワッツ)のもとに、ロシア人の少女が運び込まれる。しかし、出産の直後に少女は命を落とし、日記と赤ん坊が残された。そこに記された内容に危険を感じながらも、赤ん坊の家族を見つけ出そうとするアンナ。彼女はあるロシアン・レストランにたどり着き、ロシアン・マフィアに雇われているミステリアスな男ニコライ(ヴィゴ・モーテンセン)に出会う。


感想
ヴィゴ・モーテンセン、ナオミ・ワッツ、ヴァン・カッセル、どれも素晴らしい役者さんたちがいらして。

最初あたりは、まどろっこしいマフィア映画に見えます。
アンナの日記に対する執着が、大きく描かれていない為に、なんか長い印象になります。

14歳の少女が、ロンドンで売春にかかわり、その少女の日記にまつわる映画なのですが、十分に重いです。
かといって、ただ暗い映画というわけではなく、衝撃的な感じ、
全裸のヴィゴ・モーテンセンが立ちまわりするシーンなど。
いや、もう全裸(だから映倫がR-18にするわけです)。

てなわけで、でも、時々、人物描写が甘いというか、そこがかったるく感じたり、テンポはあまり関心できるところじゃないですね。


c0033213_2465698.jpg


かといって、終盤のあの感じが素晴らしい。ラストシーンも印象深かかったです。

アンナが自暴自棄というか、向こう観ずすぎる感じはやはりしました。しょうがないっちゃ、しょうがないです。そうじゃなきゃ、進行しませんし。

物語が、こう柔らかくなくて、ぎっちりしていて、それが最後でしっかりとまとまっていたのが、関心点です。
こういった作品は多くないですね。

★★★★~★★★★☆という感じです。

ヴィゴさんが、80回目のアカデミー賞にノミネートされてますが、それ相当の演技力があったからなのは分かりました。

ナオミさん、40才になるそうですが、きれいでしたね。

w598191-view.jpg


ヴァン・カッセルさんは、どうもいい印象がないんですが、(C・オーウェンを殴ったから。劇中だけど)まぁ優柔不断で荒れる若い次期マフィア長を演じました。


こう、感じたのは、違う世界があって、足を踏み入れてはいけないことや、少女の願いが蹂躙されたことなどです
必見!とは言い難い映画ですが、重くてシリアスでも、全裸の男がサウナで股を開いていても大丈夫というかたはどうぞです。
ではでは。




にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ


ただの運転手さ。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

茶色の音楽紹介(カテゴリ作ろうかな) Third

ええと、彼これ3回目となった音楽紹介なんですが、miriさんに『Stage of the ground 』をプレゼントしていただいて、もう一回、音楽紹介をするか、ということで書いたんですが、
これがなんとも緻密な作業で……。

ってなわけで開始から週間経っていたというバカ栗鼠(>_<)...で、miriさんごめんなさい(二度目)。

今回は、笑える歌や、すっきりする歌、泣ける歌もあったりで、椀飯振舞となっております。

ちなみに最初はダンスです。




・・・・・・・・・・いえ、ふざけてませんよ?(説得力なし)
これはブリトニー久々の復活曲、『Womanizer』を、ある意味大胆にダンスした男の動画です。
彼がの目的も、彼が誰かも知りません
知ったとこでどうにもできないのですが、茶色はその素晴らしさにIPodに永久保存することに決めました。

つーか、ブリトニー・スピアーズ知ってないと、ただのヤヴァイお兄さんなだけなんですが、(知っててもかも)歴史的な動画でしたので紹介しておきました。




作詞・作曲:甲本ヒロト

永遠なのか本当か 時の流れは続くのか情熱の薔薇

いつまで経っても変わらない そんな物あるだろうか
見てきた物や聞いた事 いままで覚えた全部
でたらめだったら面白い そんな気持ち分かるでしょう

答えはきっと奥の方 心のずっと奥の方
涙はそこからやってくる 心のずっと奥の方

なるべく小さな幸せと なるべく小さな不幸せ
なるべくいっぱい集めよう そんな気持ち分かるでしょう

情熱の真っ赤な薔薇を 胸に咲かせよう
花瓶に水をあげましょう 心のずっと奥の方

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

ってなわけで、ブルー・ハーツの『情熱の薔薇』を名言をバックにしてお送りしました。
なんか、素直なリリックスがいい歌に思います。


これは、らっぷびとさんの『雪花火』です。
BSでやってたんですが、本編の方はお気に召さなかったので(茶色が)まだ観ておりません(外道)。
アニメはわかる分野と、わからん分野が・・・・・・。





あきらめる あきらめない 決めるの自分
広げてもいないんじゃないの その地図
失敗を省みず 追えば追うほど輝きます 夢


でも夢じゃない 追いかけるのも容易いことじゃない
しかしやってもないのに 愚痴るばかり 実は夢追いかけたいのに・・・

口癖のように言う 「どうせ」 物事暗く 悪いほうへ 
そう思うのはむしろ簡単 早いの 自分見切る判断
そんなアンサー つまりネガティブ思考 捨てて今日から前向きに行こう
絶えず聞こう 胸の奥 聞こえるだろ力強い意思がノックノック

やれる やれる まだやれる 心の底で力をためる そして叶える
君の人生 費やした時間を称える

負けたら終わりじゃなくて
やめたら終わりなんだよね
どんな夢でもかなえる魔法 それは続けること
苦しみ 悲しみ その先に見える光
自分の道 ずっとずっと Continue...

君はまだ自分の可能性 試してないんだ you know say
せっかく産まれてきたなら もう少し頑張ってみな
時に馬鹿にするやつもいるだろ ならば見せてやれ 悔し涙を
そして笑え むしろチャンス 言ってやりなよ そいつにThank you

泣いた後でも問題ない かっこいいじゃん 隠すののもったいない 
顔あげて 毅然とした態度で最高の大声で叫べ

負けたら終わりじゃなくて
やめたら終わりなんだよね
どんな夢でもかなえる魔法 それは続けること
苦しみ 悲しみ その先に見える光
自分の道 ずっとずっと Continue...

できないからやらないんじゃない
できないからこそやるんじゃないの
かっこ悪くても やってみようよ
君が思うより君は強いんだよ


勝つか負けるかじゃなくて やるかやらないなんだよね
どんな夢でもかなえる魔法 あきらめないこと
前向き 胸張り 一歩、一歩踏み出し
自分の道 ずっとずっと Continue...

負けたら終わりじゃなくて やめたら終わりなんだよね
どんな夢でもかなえる魔法 それは続けること
苦しみ 悲しみ その先に見える光
自分の道 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★




ええと、この二つはseamoさん好きなんですが、中でも気に入ってる詩ですねぇ。
ラップだけど荒々しくない感じなのが好きなんですね。あと、ノリのいいのも出してくれてるのが嬉しいところです
ちょっと『Mother』に関しては情緒たっぷりだった気がしますが、全面的にこういうことを言いたかったのはわかるので好きです。





飛ぼうとしたって 羽根なんか 無いって 知ってしまった 夏の日
古い夢を一つ 犠牲にして 大地に立っているって 気付いた日
未来永劫に 届きはしない あの月も あの星も
届かない場所に あるから 自分の 位置が よく解る
飛べない君は 歩いていこう 絶望と出会えたら 手をつなごう
哀しい夜を越えて 笑おうとするなら 唄ってやるよ ルララ

迷いながら 間違いながら歩いていく その姿が正しいんだ
君が立つ 地面は ホラ 360度 全て 道なんだ
Stage of the ground

孤独の果てに 立ち止まる時は 水筒のフタを 開ければ
出会いと別れを重ねた 自分の顔が ちゃんと写る
すれ違う 誰かが 落としていった 涙を数える その度に
「優しくなりたい」と願う 君は 誰よりも優しい人 ルララ

その足に 託された 幾つもの 祈りのカケラ達と 叫んでやれ 
絞った声で ここまで来たんだよって 胸張って
Stage of the ground

つまづいた小石を 集めて歩けたら 君の眼は必ず 再び光るだろう

那由多に広がる宇宙 その中心は小さな君

君をかばって 散った夢は 夜空の応援席で 見てる
強さを求められる 君が 弱くても唄ってくれるよ ルララ

あの月も あの星も全て 君の為の 舞台照明
叫んでやれ 絞った声で そこに君が居るって事

迷った日も 間違った日も ライトは君を照らしていたんだ
君が立つ 地面はホラ 365日いつだって
Stage of the ground

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●



というわけで、素晴らしい歌を紹介してくださったmiriさん、ありがとうございますね。
で、またまた暇があれば(これは選曲に迷う)紹介したいと思います。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ


それでも限りない一つの希望

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

テーマ : 心に残る映画
ジャンル : 映画

トロピック・サンダー 史上最低の作戦

日本史の勉強って、びみょ言うにかったるいかも。分かるしね。
英語も同じで、尋常な成績が残せるまでかなり勉強せんと(偏差値が数学40前半、英語61ぐらい)ということで、英語のことなら何でもと思うんですが、オープンキャンパスでは合格できるかと思えなかったですし・・・。

ってなわけでブログを更新(逃避ね)。


img_380415_24435901_0.jpg


さて、

注目したいのは、最初の偽映画告知ですよね。
ロバダニと、マグワイヤの絡みが見られます

序盤は、三人の人気俳優(ロバダニ、ジャック・ブラック、ベン・スティラー)が戦争映画のワンシーンを撮るところから始まります。
そこでの『プラトーン』のシーンは必見ですね。
間違えて、400万ドルの火薬を使ったり。


それから、元軍人で、国の英雄風味の男が、意味不明なことをいいます。
で、監督が
「じゃあ、本物の戦地につれて行こっか!」といいだします。

ということで、すぐにヘリに乗せます。
あたりは地雷原で、監督が吹き飛びます。

そしたら、ベン・スティラーがこれは特殊メイクさ、ということで生首を舐めたりします。脊髄に舌を突っ込みます
そこから地獄の戦場撮影が始まります。



感想

え?トム・ハンクスどこ?
え?ショーン・ペンどこ?


そんなこんなで、『パコと魔法の絵本』のデヴィ婦人どこ?状態な茶栗鼠ですが、ご存じの方がいたら教えてください。
っていうか、トム・クルーズも最後あたり気づきました(『Mail on Sunday(今夜はロウロウロウ)』を踊ってるとこ)。
もう話題沸騰で、トム大丈夫って声を聞くんですが、どっちか分からなかったりするという、問題作




・・・・・・・、これってどうなんです?あけぼのさん。(アガサさんは萌死んでしまいそうだったらしいですが)
artis_p-0814[1]

ロバダニどうしちゃったの?っていう感じ?





あと、ベン・スティラーの『冷蔵庫のドアを開けやがったのは誰だ?』(たぶん、そう言ってる)のセリフが笑えます。
ちなみに、ショウビズ・カウントダウンでは、『凍えるぜ』だったんで、差異にびっくり。

ロバダニと、マグワイヤさんのフェイクトレイラーのタイトル、『Seven's Alley』って、キリスト教関係のなのかな?

まぁ、これが冒頭に入っていて、何のことか分からない人もいらっしゃるかと(J・ブラックには触れない)

tnr0808231135005-p3.jpg


ロバダニが肌を黒くして黒人に扮するので、制作サイドは差別撤廃団体から抗議を受けないようにしたのですが、
ロバダニが作中ではなった、「ただの馬鹿じゃ、オスカーは狙えない」というのや、ベン・スティラーの演じた障害者が、米国障害者協会(American Association of People with Disabilities、AAPD)をブチギレさせ、あげ句にはボイコットまでさせたんで、明らかに問題作ですよね。
使っちゃいけない言葉というもあった、ということですし。


でね、全面的な感想なんですが、これはまぁまぁの作品でしたよ。
ハイテンションなのはいいんですが、テンポがあまりよくなかったですね。こうずっとマシンガントークっていうのでもなかったですし、下ネタ過ぎて、うーんと思ったりもしました。

マネージャーの人が、遠隔録画装置をベンに届けてみたりするシーンや。

面白いシーンがたくさんなんで、コメディ好きなら必見の映画ですよ?

★★★☆~★★★★
ぐらいですね。

ではでは。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ


ディーボ持ってきたぞ!

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

テーマ : 私が観た映画&DVD
ジャンル : 映画

Mr.3000

お久しぶりです。
茶栗鼠です。

途中でなんでか、記事か消えたり、オープンキャンパスに行ったりしたので、かなり返信が遅れたり、更新が遅れたりしました。

すいませんでした。

GEOが100円ということで、足を運んでみたんですが、旧作だった作品が準新作になってました。

あっはっは、詐欺か?

(このこというの二回目)


『トロピック・サンダー』『ヘルライド』『フォール 落下の王国』『世界が静止する日』。


かなり評論がたまってますが、衛星で観た映画を評論してみます。
あと、この映画の主演、バニー・マックは2008年7月24日に肺炎のため入院し、8月9日に死去しました。
50歳で。映画「ソウル・メン」の撮影中の突然の死であり、50歳という若い死は大きなショックを持って迎えられたそうです。

w543269-view_20090716160352.jpg


主な出演作は、
『オーシャンズ11』
『ヒップホップ・プレジデント 』
『チャーリーズ・エンジェル フルスロットル』
『バッドサンタ 』
『Mr.3000 Mr. 』
『オーシャンズ12 』
『ゲス・フー/招かれざる恋人』
『オーシャンズ13 』
『トランスフォーマー 』



かなり有名な作品が軒を連ね、ユアン・マクレガーを知ってる人なら誰でも知らないこともない有名な俳優さんです。


mr_3000.jpg

あらすじ

前半は。
なかなか普通な映画です。
しかも、どこかテンポが悪いです。スポ根映画かぁ・・・と思わせておきます。

主人公は、自分が3000安打を記録したので傲慢になっています。
普通に考えて、チームプレーの大切さを考えている人間に後半でなるのに見え見えです。

後半
3000本の記録が実は間違いだったそうです。
3本足りないということで、また球団に入ります。

その球団はぼけーとしたへぼ球団で、しかも使える選手が一人。

そしてその選手が自分を重なり・・・、という内容。

感想。

映画好きにもよし、野球好きにはかなりいい、映画となっております。
関係ないかもですが、日本人選手のフクダという選手がいるのですが、どうもカルロスっぽい人です。

うーん、主人公がいいやつになっても、また調子に乗り出すという、ありがちな展開がどうもテンポを遅くさせました。
しかもヒロインがいきなり中盤から出てきます。
何故、この人が?
という、ヒロインが身勝手な主人公に最初ついていかなくて、っていうのに必要なんで出しときました感によるヒューマニズムの欠如があまり映画としての完成度を上げていたとは思えませんでした。

あと、バニー・マックが急逝されたのって、ご存じでした?
日本で報道されてませんでしたよね。

もしかして、F・フォーセットさんが亡くなったのが報道されなかったのは、マイケルが亡くなったのとのと関係なくて、報道されなかったんじゃない?

バニー・マックさんの冥福を祈って。
日本で報道されました?(引きず栗鼠)
ではでは。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ


ダダダッ!ダダダッ!(作中に、ヒロインでてきた時の冷やかしの言葉。彼女がスポーツリポーターであり、スポーツ番組の冒頭の音である。っていうか、こういうマメ知識を茶栗鼠の映画評論でなんて)

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

テーマ : 私が観た映画&DVD
ジャンル : 映画

ダイアリー・オブ・ザ・デッド

最近、グロテスクな映画が嫌な人が多いと思ってきたので、
以下の評論を観ない為に、
一応はっ付けておきますね。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

(このバナーからまたの機会をうかがってください)。


明日から夏休みですが、講習会とか、セミナーとか、勉強合宿とか、わけわからないことが多いので、映画を頻繁に観れるかなぁとは思いますが、観るんでしょうね。

明日は大事なことがあります。
早起きして・・・・。自転車を漕いで・・・。
で、作戦が成功するかどうかわからないですが、成功すれば『Wall・E』が見れるでしょうね。(意味深)

映画館に映画を観る機会が増えるかもしれないです(つまり三年ぶりに映画館に行くということ)


geneu2.jpg


つ・・・、つまらない!
ゾンビ映画とか、グロテスクな映画が好きな茶色ですが、まったくだるかったです。
もしかしたら、風邪があるんじゃないかと思ったほどです。

なんか途中途中
私たちは神の作った新しいルールに従って~とか意味の分からないこといったり。
そういえば、新興宗教が同じようなこといってましたね。


あと、これはカメラが撮った映像を、なんかカタルシス一杯高尚風味に語ります。



人間は高速道路で起きた事故現場を素通りできない生き物なんだとか。

終焉の時~とか言ってますが、別に、のろのろと歩くゾンビで世界全土を支配するというらしいですが、ものの一日でアメリカ全土はパニックです。


20081119155503.jpg


主人公がカメラで撮って、ドキュメンタリータッチにしようとしたりするのが、うざいです。
変にロードムービー風味にするのも嫌ですし。

あと、サミュエルがでてきたシーンはよかったです。
耳が悪い老人で、ゾンビにダイナマイトを投げるのが面白かったです。彼の鎌。ホラー映画では残るいいキャラクターです。
鎌のサミュエルを援護すればよかったのに・・・。っていうか、サミュエルが主人公ならよかったのに・・(サミュエルを気にいった茶色)。

で、ところどころに、暗い女の棒読みが入ります
どうでもいい感想ですので、正直ウザいこと限りないです。


ph_dod2.jpg



こう、テンポが全然よくない。
悪くもないんですが、なんだか、普通です。


主人公の撮影者と、語り部の女の会話部分もとてもうざいです。
あと、黒人が占拠する倉庫で、押し問答したり。


あと、中盤に東京の映像がでてきます。
でも、でてくるのは明らかに、日本人ではありません。

なんどもいいますが、報道について、どうでもいい抽象論ばかりを並べるシーンがいくつも続くのっで、虫酸が走って、うずうずします。

残り三十分の佳境、主人公の女の家族がゾンビかしてるんですが、呆気ないです。

延々と真実を撮り続けるのだ!こんな世界で生き残るものか!と喚き続けます。そこには、どうでもいいヒロインの引き留めだったりがあります。

最後のワンシーンですが、ゾンビを的にして撃つ人がいたんで、人間なんて死ねばいいんだァ!とかわめきだします。そっちの国は銃国家は怖いですねってお話。

こういう事が言いたかったんだよ、とかコメントされないでくださいね。
全然、この映画は言えてなかったと思うので。

ではでは。



にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ


感染源ゎ、わからないのォ~(言訳を馬鹿に言ってみる)

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

テーマ : 私が観た映画&DVD
ジャンル : 映画

ランボー 最後の戦場

八尾の服屋ローリーポップさんが、ときどきいらっしゃってます。茶栗鼠です。
今日、なんか甘味物を買ってくれるそうです。
さかえ屋のチーズケーキで十分です(ホールで普通のより安い)。
さて、今回の映画もまた名作だと思います。

img2420_johnrambo-poster.jpg
ベトナム―――アフガン――――そしてミャンマー。


Q、ランボーをこのブログのカテゴリに当てはめるならなんですか?
A、切り株です。


あらすじ: 軍事政権下のミャンマーで、布教活動をする教団が捕まってしまう。
アメリカ関係は、各国の精鋭傭兵部隊を組織する。
最新装備を誇る隊員たちの中、サバイバル精神旺盛なランボー。
彼はこのミャンマーで、またしても活躍するのだろうか。
過去への贖罪、又は、脱却は―――?




いやぁ・・・・・、そこまで豪勢じゃないCGでグロテスクさをアピールされ、性的暴行のシーンもさることながら、大根でも切るかのようなスッパスッパ感。

こう、一作目からは娯楽でここまで来た映画な感じもしないこともないですね。この映画も、非常に反戦ムードが高いように感じました。直にグッと来てるので、直接的ではないんですが。

いえ、存在するんですが、それが主題ではないようで・・・・。

元・傭兵であり、カレン民族解放軍に加わりビルマ(現ミャンマー)からの独立闘争に参加し、ミャンマーでの実際の戦場を眼にしてきた高部正樹は、パンフレットや雑誌などで度々本作についてコメントしていて、ここまでリアルに再現したことを高く評価している。高部曰く、本作の残虐なシーンは決してオーバーではなく、むしろ現地では映画以上に残虐な行為が行われていると述べている。(wikiより抜粋)
ってなわけで、意外と茶色はキリスト教徒の方々は苦手で、神は存在するだけの存在にしか考えないので、教団の方々のヒューマニズム的な部分を描いてくれたら、もっと反戦色のある映画とはちょっと違う趣があるように思えます。
個人個人ではなくて、皆が掲げる理想論をいうだけ、というのもなんだかんぁという感じで・・・。




本作にミャンマー人役として出演した役者たちの一部には弾圧されているカレン族や、出演したという理由のみで親族が逮捕された役者もいる。また、パ・ティー・ティント少佐を演じたマウン・マウン・キンは、元ミャンマー海軍の中将である。

このほか、撮影地もミャンマーとの国境からそれほど離れていないタイ北部の地域であり、ミャンマーから脱出したカレン族も多く住む地域である。しかし、ミャンマー政府はこの映画にミャンマー人が出演した場合、例え10年間タイで暮らしている者であっても、ミャンマーに残された家族を牢屋に入れると脅迫したという。それにも屈せず出演してくれたミャンマー人キャストにスタローンは多大な感謝の意を示している。(またもwikiより抜粋)


ということですので、本作で描かれている残忍な描写は至極まっとうな表現なのですねぇ。
それがまたすごいというか。


e49d3d8d.jpg



で、アメリカ政府の傭兵の韓国人役の人がいるんですけど、延々とその人を真田広之さんだとばかり思ってました・・・。まぁ、ちょっとしたそっくりさんは別として。

実際の銃の破壊力が変に湾曲されていないのもいいですし。

それと心残りは、最後の戦場のシーンですが、どうも誰が死んだか生きたか分かりずらい。
構図はいささか、見ごたえが普通でした。

img40c09667zikdzj.jpg


で、最後のラストシーンでシリーズ完結!というので引き締めてくれて、非常にうれしかったですねぇ。
最強の戦士、ジョン・ランボー完結は必見ですし、4部作を全部まとめて観るっていうのも手ですね。
一作目は、素晴らしいほどの反戦ムードで、2,3作目はアクションエンターテイメントとなっていまして、4作目で高めて完結させられたようです。

★★★★

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

テーマ : DVD情報
ジャンル : 映画

TimeCrimes ★★★★☆

今日は、茶栗鼠の誕生日~。
というわけで、miriさんが、メールをくださいました。グレーディングメール?うん?なんか、デコメみたいな。

ありがとうございますねぇー^^/

っていうか、今日三人しかメール着てないし・・・・。
セブン・イレブンって有名ですよねぇ・・・・。


それで、顔を隠したいときは、包帯を巻こうと考えています。

いやぁ、凄い映画でした。なんでか、こうもタイム・トラベルもので興奮できるのかと。
一連の近所映画館のセールは終わりですが、これからも一層映画を観ていきたいと思っています。

あ、それと学校の情報Aの授業で、なんでもいいからスピーチをしろということだったんですが。
別に誰も聞いてないし、マイクなし、PCの使用不可だったので、好きなこと語れば時間が過ぎるということで、映画と海外ドラマのことを考えました。

『屋敷女』→『ミラーズ』→『24』→『コールド・ケース』→『ER』その他。

っていうか、ピカチュウとか書いてる子いましたしね。
映画のこと誰も知らないだろうけど、語っていい時間らしいですので、思う存分かたりました。
他の人は聞いてないからいいんですけどね。

img_1285507_49226904_0.jpg
timecrimes_poster_A.jpg
  次元を超えた代償とは!
  『バタフライ・エフェクト』『バック・トゥ・ザ・フューチャー』などのタイムトラベル映画を凌駕する超大作。


久々の素晴らしい映画でした。
スペインの映画でしたが、大好きです。
スペイン映画、いいかもですね。


どこにでもいる、夫、エクトルは新居に引っ越してきたばかり。
そしてその家の近くの森の中に、不可解なものを観る。
彼は森の中に入る。
そして、彼は全裸で倒れている女性を発見する・・・・・



TimeCrimes-01.jpg


前々から思ってたのですが、LIONS GATEなんでどうしようと勘ぐってました。
いやぁ、素晴らしい!
変なタイムマシン映画よりも十分たのしめます。
皆さん、けっこう飽き飽きしていませんか?下手なトラベル物とは違うんですよ。
結構、高レベルでした。
こう、ノワールな雰囲気もあるんですね。


裸の女性が横たわっている、そしてそれを発見すると後ろからなぞの男に鋏で刺されてしまう。
そのハサミは美容師が使うような散髪用。
しかも、その男は顔に包帯を巻いてどんなものかも判断できない。


それはなんなのか。
目的は何なのか。
分からぬまま迷走した先には―――。

これ、リメイクするらしいですが、この完成度、どことない自然とか、虫の音とか。
そういったものを忠実に再現したり、加工したり、はたまた大きく路線変更したりできるのでしょうか。


緻密に織りこまれたストーリーが、ホラーテイストを醸し出し、人生を狂わせた男の末路を描く衝撃作でした。

で、主人公のエクトルが最後あたりやつれて、それ何てジェイソン・ステイサム?みたいな状態に・・・。

timecrimes_001.jpg

おススメの映画ですので、どうぞご覧してください。グロテスクな要素もないですし。
ではでは。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ


★★★★☆

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

レッド・クリフ Part1Ⅰ

明日はなんでか模試がある~。
今日が勝負ですね!(なんのだよ)
あと、太宰府の宰がやまいだれになてました。

avex2.jpg


photo174987.jpg



何か、これすっごいキャストがいいですよね。あ、声優さんじゃないですよ。声優さんも素晴らしいできですが。

でもなぁ、どこか長い。
2時間と半分の長さわなぁ・・・・。

うーん、三国志ってのは、こういう感じなのかな?
軍事的な策略、カンケイを図ってみるのが面白いって思ったのですが・・・・。

これ、確かに中国人さんがお好きそうな感じ。
そういうとアレですが、なんか観たことある。

あと、周ゆの声優さんが山寺さんなので、どこかチャウ・シンチーに見えました。

chn34_rpt2304_sub3.jpg



中村獅道さんの出番がそこまで多くなかったのはいかがなものかと。

けっこう知れ渡っている話ですが、欧米、西洋では一本にまとめた二時間バージョンがありまして。

それもどことなく理解できないこともないかナァと思うわけですね。



あと、中国映画で(香港)ありがちな、悪役の高笑いが懐かしい感じでしたね。
で、チョウヒの役者さんがなんか、はまり役で・・・・。
中盤戦のチョウヒさん、強すぎでしょ。あれ。
でも、原作ではもっと強いらしいですね。

でも中盤もなかなか普通でしたよ。
あの亀の甲羅の作戦のやつ。

なんか、黒沢監督の時代活劇の方が、リアリティがあるし、敵が攻撃してくるって言う感じで・・。
まぁ、比べると元も子もないですけどね。

あとなぁ。
なんだか、そこまで殺陣がよくなかったというか。

あと、その亀ちゃんの作戦で、『300』と被るとこがありましたね。
『Meet the spaltans』を観たくなりました。

maguro757.jpg

っていうか、敵が多いなというか。

はっちゃけていうと、あまり撮り方ががうまくないというか。全体像がわかりづらいかも。



この映画で称賛したいのは、音楽ですね。センスがいいというか。ドコドコという太鼓?系の音もよくて。
最初のテーマソングも好きです。


うーん大作って感じはしたんですが。

やっぱ原作読まないとね。

★★★

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ


対岸の、あの岸壁に詩を刻んでやるぞ!
赤壁のま向いだ!


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

テーマ : 私が観た映画&DVD
ジャンル : 映画

『インビジブル・ターゲット』 ★★☆~★★★

明日から学期末ということなので、面談がありまして・・。
ですので、0~3限目までしかないので、うれしいです。

さて、今回の映画のキャッチコピーを観て、惚れこみました。

「香港の平和はジャッキーに代わって俺たちが守る!!」とのことです。


51ZwIgzmZBL.jpg

ada8065e.jpg


あらすじ。


現金輸送車襲撃事件に巻き込まれ、最愛の婚約者を失ってしまったチャン刑事(ニコラス・ツェー)。事件の容疑者に仕立て上げられ、行方不明になった実兄の汚名を晴らそうとする巡査ワイ(ジェイシー・チャン)。そして、この事件で名誉を汚されたフォン警部補(ショーン・ユー)が、それぞれの思いを胸に事件の真犯人を追うが……。(シネマトゥデイ)

ネタバレあります。
でも、そんなに内容は・・・



というわけで、自分の恋人を殺された復讐という、チャック・ノリスと、J・バンダムもびっくりのありがちな設定をもろともせず、可愛いイケメン君、ニコラス・ツェーがうにうにと演じています。

d0020834_20444247.jpg



さて、名誉を汚されたということだったり、自分の兄の汚名を~とかいうのは、もうどうでもいい感じに思えます。

さてさて、何か、昨日『ランボー 最後の戦場』を観たんですが、そしたらこの映画のカタルシスが異常に薄っぺらく見えてきました。

「警察は、正義なんだ!正義は殺しはしないんだ!」

 というのを、延々と聞かされるので、ちょっと疲れます。
っていうか、どっちでもいいんだけど・・・・と頭を空にしたいのにさせてくれないという感じですね。

で、三人の警察官が、料亭でボカスカジャンして、全身に擦過傷を負ったんで、薬を塗ることにします。
ですんで、一番後輩の兄の汚名が~の人の家に行きます。

そしてムキムキの男三人が、半裸でヌルヌルする液体を塗りあうというロッテンなガールのハート(rotten)を鷲掴み!

というわけで、あけぼのさんは無料で観れる機会があればどうぞなんです。

そんな笑いのシーンを入れておきながら、中間の中弛みとか。

実は警視が黒幕だったのだァ!とか。
羅生門並に古典です。

一番強い悪役に三人かかりで、しかも身動きを封じて床に刺さってるガラスで首を刺すとか。(しょぼ過ぎたです)。


15f1ed44a1cc6bf24eeaba070ff2ee5a_20090709201804.jpg



『男児本色』、という題名ですが、(すぐにrottenな人がいなくて良かったと思いました。)どうだろうな。
普通でした。
うん。
何か、別に見なくてもよかったし、悪くも無かったし。
普通でした。

でも、正直に言うとジャッキーが香港守ってくれればうれしいかも。こっちは下手にワイヤーとかCG使ってる点があまり・・・・。

しかも危ないシーンを、スローでやったり、違うカメラからの視点を映したり。
『マッハ!!!!!』じゃないんだから、別にそんなことしなくてもぉ・・・って思ったり。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ


実はさ、薪と思って投げたのは・・・・・・・・、彼女の義足だったんだ(『フレンズ』 ジョーイより)

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

おくりびと ★★

最近、家庭で映画を観すぎたので数年ぶりに映画館に足を運ぼうと思いますが、何を観ていいやらで・・・。

現在、日本アカデミー賞ノミネート作品各点数
『マジック・アワーズ』 99点
『パコと魔法の絵本』 100点
『おくりびと』      57点


10145090886.jpg



20090606023742a51.jpg


予想を大きく下回る内容となったのは、茶色がすべてのことにヒューマニズムを追求したからにあります。
と、いうのもどうしてこの映画の登場人物はこのような行動をとったんだろう、という疑問符が付いて回ると「所詮、邦画の域を出ないか」と思わせしまいます。

あと、これがアカデミー賞にノミネートされたと聞いて驚き、受賞したのを思い出し、日本での受賞は風評の結果だなぁと思いました。

しかし米国アカデミー協会はほぼ60歳以上で、作品の褒めている箇所が日本の場所とは食い違っていたり。
それと明記しておきたいのが、黒沢監督の『デルス・ウザーラ』『羅生門』。ちなみに前者はソビエト映画ですが。
史上初の快挙って言いたいがために、マスコミの作品本来の視点から大きく外れた慇懃無礼な賛美はどうもいただけない。

出来事が都合よすぎで、邦画らしさが抜けない。


映画としては、まぁ、普通かなってレベルなんです。


20090321125048.jpg



前半の内容。

チェロ奏者の小林(本木さん)は楽団を辞めることになり、妻と一緒に帰郷する。
その際、妻の寛容性を非常にしめすかたちとなった。
帰郷し、新しい職として旅行代理店の面接に行こうとするも、そこは納棺の業者。
彼は才能を瞬時に見出され、そのちらの世界へと足を踏み入れていく。
旧友と再会し、納棺の職にもありがたみを見出すが・・・・・。


あと、中盤から本木さん扮する小林、つまり納棺士がいきなり攻撃されはじめます。

どーも邦画的ないきなり感ががいなめず、セリフにも迫るとこがなく、葬儀そのものも再現VTRを観ているかのような節がありました。

というか、序盤で納棺してくれてありがとうといわせておいて、途中から納棺は良くないよねって話になります。

あとですね、田舎といいますが、現代社会人が孤立化する要因として、当てはまる要素が一つもない地域はそうそうありませんよ。山形は、百万都市じゃないにせよ、しっかりと町もあるでしょうし。
どこか閉鎖的な雰囲気にしておきながら、マンション建てる近代化の波を押そうとする人が、

戦争中にこの非国民めェッ!

とか言いそうな、納棺をはなから勘違いしてる懐古的過ぎる昔の友達とか。
自分の娘があいさつしたら、「あいさつなんてしなくていい!」って、そんなこと言う人いないでしょう。

昔の友人が納棺をやっていたら、娘に挨拶を制する人います?


20090304170913.jpg


それと本木さんチェロ弾き過ぎ。
それが何を意味するのか、気取り過ぎてて分かりづらい。

で、序盤で納棺がいいものだといっておいて、中盤で貶しておいて、その後また納棺に感謝をされることがあって。
そいういう構築はうまいと思いますが、反対→賛成で万歳という邦画独特の流れが作り出されています。
簡単なサクセスストーリーです。いうなれば。



あと、お婆ちゃんが前にルーズ・ソックス履きたいって言ってたんで、足袋の代わりにしていいですか?と、葬儀に笑いながらいう女子高生とか。

フグの白子をあぶって塩で食べる。しかも植物園化した社長室で。
そのシーンをアカデミー賞授章式の際、山崎さんに意味深いシーンでしたといったアナウンサーに、山崎さんが

「どんな意味があったの?」

と一言放ったのがすごかったでした。
生放送は怖いですネ!


どこか辺鄙な部分もあって、そこは評価できます。


第一、山崎さんと笹野高史さん以外の演技レベルが中途半端というか最高レベルではないので役に見合っていたかという断言は一切できません。
20081003063311.jpg


ネタばれですが、
赤ちゃんができます。

それは広末が、納棺とか意味不!とか騒いで実家に帰ってきて、いきなり戻ってきての発言です。

それが何だかナァ・・・・・・。
しかも、妊娠発覚してすぐに銭湯のおばさんが亡くなるという、構築加減さ。

銭湯のおばさんの息子と本木さんが友人なのですが、その友人が納棺万歳!っていうために死んだも同然なんですね。これ。
ドラマチックにしようとし過ぎて、現実味が薄れたんです。


ここまで批判しておいて、なんですが、★はないことはないです

ただ山崎努さんと、笹野高史さんのパートが素晴らしい。
泣かせようという努力と、それに比例する効果はありました。


かといって、タコを海に棄てるというおばか加減。

当てもなく故郷に帰ること、女が簡単について行くのも安直。
広末さんが、ただ頭の悪い人に思えるし。妊娠して帰ってきて、仕事を認めたのかなって感じで。


それと、小さい頃に自分を捨てた因縁の父を納棺できるのか!という所。
実は同じところで働く女性は、6才の息子を捨てて出ていったのダァという展開。

後半になって人を死なせ過ぎて、しかもご都合主義的な展開が続きます。
これは痛い。

っていうか、おやじさん、石のこと引っ張り過ぎ。石の複線が張ってつけたみたいで嫌だった。期待してたならまだしも、期待もしてなかったわけでしょ?それ一歩間違えれば狂信的ですよね。


すべての出来事が張ってつけたようで、納棺の実際の仕事とかけ離れているようでいやでした。

普通に邦画な映画でした。
★★


久石譲さんの音楽はよかったです。
ではでは。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ


何!?子供を捨てた親ってみんなそうなノ!?

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

テーマ : 映画
ジャンル : 映画

茶栗鼠の音楽紹介

ドメイン設定がなんだかわからなかった高校生、茶栗鼠です。(勉強しろ)

以前、miriさんにおススメの音楽を紹介しますと申し上げたのですが、その矢先に期末試験が始まったので紹介できませんでした。
遅くなってごめんなさい。

いや~、今日はすごかった。

数学Bが!
いえいえっぇ、(裏返った)。
数学Ⅱはちゃんといい点数取りました。

二回ほど四捨五入をすれば、100点になります。(1の位と2の位で)
もちろん、欠点は免れました。
日本史のテストが60点欠点という鬼畜ハードルなのですが、ぎりぎりセーフです。
これでもう欠点がないはずです。



いやぁ、数学Bが悪かったぁ・・・・・。

ええ、それで思い出したんですが『24 season 7』が始まりますよね。

24_S7_Jan-2009.jpg
24season7cast-740151.jpg



・・・・・・、ネ!(これで何点か分かるだろ・・・・)。

で、でもちゃんとした点数を取ったんですよ?
88点。
去勢手術と、アメリカの避妊具が認められれば、90点だったのに!

090702_2037~01
(実際の回答と答案)

さて、それでは本筋の音楽紹介に移りましょう。




その前に、一つ泣ける自主制作アニメがあったので、お伝えしますね。


で、茶色が大好きなバンド、『My chemical romance/マイ・ケミカル・ロマンス』
癌をテーマにした、泣ける歌です。





続いてはリップスライムのブロウです。
誰でも愉快になれて、元気のでるいい歌なのでここで紹介しておきますね。





お次はスガ・シカオさんの『コノユビトマレ』です。




正直、EXILEが好きになれません。
RATHER UNIQUEは普通だったんですがね。

今日は忙しいのでこれくらいにしてきますね。
あと、miriさんに予告してから大分日が経ってて申し訳ないです(>_<)

ではでは。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

積み木の家 ★★★★★

昨日、アガサ様のブログ、「すきなものだけでいいです」を拝見したところ、あちら様のブログの記事を盗作したりしたブログが炎上しました。


で、現在見ることはできません。(遠い目)
一日4桁のブログ様は違うナぁ・・・。

ed0f0d86.jpg
b0160459_9324320.jpg
海に沈んでいたのは・・・・・

あらすじ。

海面が上昇したことで水没しつつある街に一人残り、まるで「積木」を積んだかのような家に暮らしている老人がいた。彼は海面が上昇するたびに、上へ上へと家を建て増しすることで難をしのぎつつも穏やかに暮らしていた。ある日、彼はお気に入りのパイプを海中へと落としてしまう。パイプを拾うために彼はダイビングスーツを着込んで海の中へと潜っていくが、その内に彼はかつて共に暮らしていた家族との思い出を回想していく。


受賞歴
第81回アカデミー賞 短編アニメ賞
アヌシー国際アニメーション映画祭 アヌシー・クリスタル賞(最高賞)
第12回文化庁メディア芸術祭 アニメーション部門大賞
国内外10の映画祭で14の賞獲得。



凄いなぁ・・・・。
コメントも痛烈で・・・・・。

さて、今回の映画ですが名作ですね!

過ぎ去った過去と、文明の崩壊が12分とそこらで映し出されていきます。

それなのに一切、非現実的な薄っぺらさを感じさせません。
淡いタッチで、光の濃淡を表わしながら、おじいさの過去を情緒深い音楽で掘り返していくんですね。


会話が一切ないのでそれがまた淡くて切ない感じを醸し出します。

これがアカデミー賞というのは納得できますよね。

時間的に呆気ない感じもありますが、その分、内容が濃いいですねぇ。

080826a2.jpg


・・・・・・・いえ、決して、『ウォーター・ワールド』っぽいな、とか思ってませんでしたからネ?(誰も言ってないのに)


多忙な時間を費やして制作した方々に敬意ですね。
日本のアニメーション技術は非常に長けているみたいです。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ


★★★★★

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

ダーク・フロアーズ(0~☆)

今日は、期末試験の打ち上げに行ってきました。

まず、それなに?って話ですが、なぜかあるんです。不思議ですよね。
っていうか、酔って頭痛いかも。
ほぼ9時間騒ぎ通し。最悪。
もう計算もできない。

あと、ドメイン設定って何のことだか分かりません。どうしたらいいんでしょう・・・・・。

GEOがネットオンラインの設定を変えたのですが、IDを忘れたのでもう何が何だか分かりません。
ちょっとは考えろ。


2197493378_58f02a0671.jpg

30-01-2008_DarkFloors_A4folder-1.jpg

Want red crayyone!
赤いクレヨンが欲しい!





さて、皆さん、悲しいお伝えがあります。

長い長い評論を書いたのですが、はずみで消えてしまいました。

で、内容を話すと。

検査で発作を起こした自閉症の娘・サラの身を案じた父・ベンは、病院から隔離しようとエレベーターに乗り込む。だが、エレベーターが故障し閉じ込められると、闇の世界からモンスターが現れ……。フィンランド産パニック・ホラー。

で、はは、世界が止まっている!

登場人物は、娘、看護師、父、うざい男、警備員、浮浪者。

フロアについて、数十分すると、なんと、半透明の叫びの幽霊がでてきます。X線に弱いんだって!

夢オチなのに!(はっちゃけ栗鼠)


警備員は何故か、無敵な闇の怪物に立ち向かいます。
で死にます。

それでウザい男は、早く出して―と騒ぎます。
で、これは俺の妄想で集団心理なんだ!と死亡フラグを立てます。
で、エレベーターに乗ると床から手がでてきます。

5階なのに!?

で、足をけがします。


それでね、理由は皆目分かりませんが、怪物がでてきます。

ちょっとお酒を飲まされたからか、歯抜けになってるのをご了承ください。

さて。
でね、一階に何とかたどり着きます。

そしたら無敵のラスボスがでてきます。
空間が暗闇に包まれ、ラスボスを倒そうと父親が車で突っ込もうとします。
そしたら光って娘になります。
父親が暗闇にとけます。

娘が光って、ラスボスが出てきます。
光に包まれます。

終わり。

イっちゃってる少女が、ICUの中で光と闇で戦います。
その少女が会話もできず、夢の中で延々ボケーとしながら最後に闇に打ち勝ちます。

どうよ、『こんなB級映画どうでしょう!?』様どうですか。『HOEER MODE』様で紹介されてたのですが、ご覧になりました?

なんじゃこりゃーーーーー。
びっくり。

ほんと面白くない。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ


「世間には通らない!そう、世間とは私よ!」

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

テーマ : 洋画
ジャンル : 映画

ディザスター・ムービー おバカは地球を救う

手を打ちました。
甲をね。

そしたら、すぅぅぅっぅっぅっぅっぅっごく痛いの。

いや、それだけなんだけどね。
骨折れてるかも・・・・。
もしかして、厄病神でも憑いてるんじゃ・・・・・・・。


510Zf0tAF8L.jpg
いつまでも、パロディしてください。


このシリーズに欠かせないのが、訴えられたら数億円はとられそうな、小児にイタズラするマイケル・ジャクソンですよね。

今後のシリーズでやったら、洒落にならないというか、実際に暗殺されるかもしれない(社会的に)ので、もうやらないでしょうね・・・・・。
・・・・・。
・・・・。
・・・。


いや、やるかもネ。


D_070411072128.jpg


ロッカリアさんの所でも仰ってましたが、もうあらすじとか無くても良くない?というノリです。


あらすじ: 伝説の秘宝“クリスタル・スカル”が世界の終末を予言する悪夢を見たウィル(マット・ランター)は、悪夢が現実となったパニック状態の世界を救うには、クリスタル・スカルを手に入れ、祭壇に戻す以外に方法がないことを知る。人類滅亡を阻止するため、ウィルと仲間たちは秘宝があるというアメリカ自然史博物館に行く。(シネマトゥデイ)

あと、『JUNO/ジュノ』が6割くらい出演していたり、『ENCHATED/魔法にかけられて』が4~5割。

この映画の冒頭が、『紀元前一億年』なんですが、そこら辺で失速が多いです。
でね、序盤の偽ザック・エフロン(25)が開く、16歳の誕生日ですが、そこが一番面白かったところかもしれないです。


あとね、あとね『No Country For Old Man/ノーカンチュリー』の殺し屋シガーの登場がよかったですね。


20090114143203.jpg


あと、スヌープも目じゃねーぜ!とか『ハイスクール・ミュージカル』みたいに踊るのが面白かったぁ。

ていうか、ジュノの子と、ハンナモンタナの子って同じなんですよね。あと、笑えるとこが在るのですが、思いっきりスベッてるシーンが交互にあるので残念です。

『ベオウルフ』の所って、笑えませんでしたよね。
『インディアナ・ジョーンズ』のところとか。下品なところを長くしなくてもいいのに・・・・、って思います。
カンフーパンダも暇だったですし。

魔法にかけられてのお姫様がガラスの靴履いていて、その所為で足にガラスが突き刺さってたのが、存外にびっくりでした。

あと、『WANTED』のアンジェリーナ・ジョリーのパロが好きでした。
肉を前にして、『Super Bad/童貞ウォーズ』の子供たちを撃ち殺そうとするのは笑えました。(シガーにも当たります)

うーん、面白くないシーンが多かったナぁ。
テンポもよくないですし。


★★★って感じ。

いや、嫌いじゃないんだけどね。

好きでもないみたいな。好きなものだけでいいですんで借りていいですよ、って言われたら、借りる映画ですね。




にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ


タンコブは大丈夫?上から落ちてきた雪で冷えたから大丈夫?

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

テーマ : 映画
ジャンル : 映画

I without!(1408より)

予想確率

ダーク・フロア ★★
バットマン ゴッサムナイト ★★★
ザ・フォール 落下の王国 ★★★★
タイムクライムス ★★★★☆ 
ディザスタームービー   ★★★

(ヒロ之さん風にやってみた)

期末が終わったー。
やったー
heros_070827.jpg
f0118706_2433392.jpg
(『HEROES』が好き)

あと、


6月のおさらいです。

パルプ・フィクション ★★★★★
荒野の七人 ★★★★★
WANTED ★★★★
東京残酷警察 ★
ジェシー・ジェームズの暗殺 ☆



平均点数、3.1点。

『東京残酷警察』と、『ジェシー・ジェームズの暗殺』が二作の名作と、一作の秀作を抑えてしまいました。


はい。
それで今から質問しますね。
皆さん、のつく病院ご存じですか?

そう、結膜炎ですね!

090701_1602~01

映画好きにはつらい病気ですね。

あまり目がよくないのに加え、ちかちかされると、ウザったいこと限りないです。
では、後ほど。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
プロフィール

茶栗鼠

Author:茶栗鼠
洋画、海外テレビドラマ、猫について語るブログです。
1992年7月11日生まれ。九州男児。

最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。