茶栗鼠の映画評論 アクション

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エージェント・ウルトラ/American Ultra

sim.jpg

あらすじ

片田舎のコンビニでバイトをしているダメ青年マイク(ジェシー・アイゼンバーグ)は、一緒に住んでいる恋人フィービー(クリステン・スチュワート)とハワイ旅行に出て結婚を申し込もうと決意する。だが、出発前にパニック発作を起こして旅行は中止に。ある日、彼は店に乱入してきた暴漢たちを無意識のまま瞬殺してしまう。それを機に、マイクがCIAの極秘マインドトレーニング計画で育成されたエージェントであったことが判明。やがて計画の封印を進めるCIAから次々と刺客を放たれ、フィービーを誘拐されてしまうが……。

感想
よかった所:ジェシー・アイゼンバーグとクリステン・スチュワートのカップルが非常にいい。
        アメリカドラマオタクなら知っているコニー・ブリットンがでててうれしかったり。
sfs.jpg

悪かった所:過去に訓練を受けていたという話だけで、一切の説明がない。
        超人的なパワーや工作員としてのスキルがいまいち分からない。
        終盤アクションシーンの複線はまったく意味がなく子供だましで、それを補足するセリフなども少ない。
        終盤のアクションシーンをホームセンターにするという使いまわされた手段にうんざり。

        
agent_ultra_main_resize.jpg

何故、こんなに駄目だったのか?
理由1
主人公に魅力を一切感じない。
本作の主人公は、自分の過去の訓練を掘り起こされ、特殊能力を取り戻します。能力と訓練にほとんどの説明がない為、主人公は戸惑うものですが、終始戸惑っています。
冴えないダメダメスーパーの店員がなんと! という入り方は良かったものの、終盤まで戸惑ったり、困惑したり、怒ったり、自暴自棄になったり、ならなかったり。

理由2
実はとある人物が、過去の計画とやらにかかわっていたという衝撃の事実が、まったく意味がない!
そのことによって、その人物の攻撃力があがりアクションシーンが盛り上がったり、暗殺部隊との政治的な駆け引きもありません。観客としては、過去に関しての説明が極端に少ない為、その人物がなんでそこまで隠し続けたのかもぴんと来ず。

理由3
見飽きたユニークさのないアクション
ユーロコープのように見にくい早回しのアクションで、特殊部隊をただ「殴る」だけでノしていきます。
『ザ・レイド』みたいにしろとはいわないけれど、年齢規定R指定やPGが付くのは目に見えていたでしょ? それでなんて、殴る蹴る、もみ合うのアクションだけしかないわけ?
スプーンで刺すってのも、それ以降、面白くなくなっていた。

39点
スポンサーサイト

マッドマックス2

B級映画の金字塔と呼び声の高いカーアクション映画第二弾。
51S2XJCKWQL.jpg
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
っていうわけなんですが、どうもB級映画の駄目なところを煮しめた汁が画面から飛びていた気がして、絶賛はできないのが正直な感想です。
茶栗鼠はB級映画も好きですし、アルバトロス配給の映画でもそこまで抵抗なく見られます。
ただ、ヒューマニズムにかけるキャラクターの会話や行動、主人公への憧憬が丁寧さに欠けるB級感のせいか、満点ではないんです。

勿論、カーアクションは前作と比べて断然素晴らしいですし、ヘリコプターも出てくるわでいい出来でした。
『Fast&Furious』よりもいい、とシリーズ前作を見ていない私が断言します。
それに世界観も『北斗の拳』がどれだけ影響受けてるんだよって、再認させられましたしね。
gst.jpg

前回よりもストーリーは濃厚になっていますし、荒廃した世界観もより粗野なものになっています。
だからこそ登場人物が何を思い、何を信じているかをもう少し描いてほしかった。
最近のアメコミはアメコミ映画でさえ凶悪な悪役が多く、善悪の区別もつきにくくなっている。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

マッド・マックス(MAD MAX) 1979

51S8QYGZFKL.jpg

解説
 近未来、暴走族と戦いを繰り広げる警官たち。友人に続いて妻と息子を殺されたマックスは遂に暴走族への復讐に出る。舞台がオーストラリアの原野だからこそ成し得たカーチェイス・シーンの凄さで、一躍豪映画界を世界に知らしめた傑作アクション。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
 奥さんをぼこぼこにする前のメル・ギブソンが若くてかっこいいですねぇ。
 風景にマッチするように、マックスは殆ど無口で、ただ父親の想いをぽつりと語るだけ。

 ただ、『96時間』で娘が誘拐されると知っているのだから、そこまでの工程が長すぎる。加えて世界観はいいが、説明不足である事は否定できない。腐敗が始まりつつある世界、無秩序に支配されようとする世界は、いい。ただ、暴走族も一団しかでてこないし、そいつらも何だか強敵って感じじゃない。
MAXgoose.jpg

 もし『マッド・マックス』がネットフリックスでテレビドラマ化されたら、本作の暴走族などシンク周りの虫ケラに過ぎないように思えて仕方がない。それがカルト的な90年代後半の低予算アクション映画を茶栗鼠が見た、正直な感想であり、良さが分からないわけではないが、ハードルは少しも高くしてはいけないのである。

 あと『ワイルド・スピード』でも思うけれど、車は車じゃないか。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のデロリアンなら思い出深いが、カーアクションは普通のアクションと同じように見ているせいか、一部好事家の熱の入用が分からない。
 

 70点
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

TAKEN3

オリジナルタイトルの『TAKEN』はTAKEの受動態であり、「誘拐された」と直訳できます。
それで何故か、『96時間』という邦題になりました。
センスがないのは良いとして、日本で公開される前に続編が製作されることは決まっていました。

ということは、どいう事かご存じですか?

つまり『96時間』くくりでは続編ではない、と安易に想像でき、続編ではタイトルと内容が一致しない状況になっている事態を招くことは避けられないのです。
なんでこの邦題にしたんだろう。

っていう人の悪口で始まりましたこの評論ですが、映画評論自体も絶賛はしていません(笑)


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
ee0f2800-s.jpg
あらすじ:
かつてイスタンブールで犯罪組織を全滅に追い込んだ、元CIA秘密工作員ブライアン(リーアム・ニーソン)はロサンゼルスに戻り、再び家族の絆を取り戻そうとしていた。そんな折、前妻レノーア(ファムケ・ヤンセン)が、彼の家で死体となって発見される。運悪く現場で警官と遭遇したブライアンは、殺人事件の容疑者として指名手配され……。

よかったところ:『逃亡者』ぽくて観てて楽しい。
ニーソンさんが、まだまだ元気。
フォレスト・ウィテカーも参戦
1419577034932.jpg

悪かったところ:
話しが見えている。
邦題と内容が違う。
展開が見えている。
ニーソンさんが、昔の「007」ほど銃弾が当たらない。
登場人物にそこまで感情移入できない。
悪役が最初に出てくる。
1012191_03.jpg

総論:
悪い映画とはいえないが、一作目ほどではない。ただ二作目ほどは悪くない。
ニーソン曰く、続編はないと言い続けているが、彼以外のキャスト、又は主役のブライアンのCIA仲間のスピンオフで作られる可能性は否定はできないように思える。


70点

ちょっと甘いかも(笑)

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

ザ・レイド GOKUDO

えーと、お久しぶりです。
ちょっと時間が経ちすぎたので、取りあえず見た順から記事をあげていきたいと思います。
theraid2main2.jpg
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
あらすじ:
上層部からマフィアへの潜入捜査を命じられ、組織と関わりのある悪徳政治家や警察関係者を暴き出すことになった警官ラマ(イコ・ウワイス)。囚人を装って刑務所に入った彼は、マフィアのボスを父親に持つウチョと出会って組織のメンバーとして迎えられる。だが、父親に対する反発と野心を募らせたウチョが新興組織と協力することになってから、裏社会で抗争が勃発してしまう。やがてラマは、ゴトウ(遠藤憲一)率いる日本人ヤクザ、ハンマー・ガールやバッド・ボーイといった特殊な殺し屋たちとの対峙(たいじ)を余儀なくされていく。
前作から2,3年経っているせいか、主人公の人が垢抜けたなぁと思いました。

0022.jpg
(前作でも出てたよね? お師匠さんまた出るんだ、と思ったらすぐに退場して残念)
良い点
アクションは相変わらず、ジャッキー・チェンの時代に終止符を打てるレベルのものでした。勿論R指定作品らしく骨太でコミカルなパートは皆無でしたが。
前作に比べて、ハンマー使いの聾姉と金属バット使いの弟というライトノベルっぽいキャラクター等、バリエーションに富んだ構図だったと思います。
松田龍平と近藤憲一さんが、カメオ出演程度、顔をのぞかせています。
暴行及び性的暴行があまり好きではないので、ヤクザ映画はあまり見ない上にたまに『ドクターX』での面白い近藤さんしか知らないので、(総合で2分出演してたか怪しいが)良い演技だったなという感じ。
そこでよかったのが、マフィア関係の人間の演技がよかったですね。
29aec847.jpg

悪かった点
上映時間が長くなっているが、ストーリーや人物描写は薄くなっている。
マシュー・マコノヒーのでてるロマコメぐらいに人物描写が薄い。
ブチ切れたトニー・ジャーみたいにバッタバタとマフィアをシメまくるシーンがあるが、まったく感情移入できない。
感情移入できない上に最後あたりも余韻っていうか、説明不足感が強い。


あれ、っと思った点
普通にトレーラーの映像でない所があるよね?
と思って調べたら、宣伝動画に含まれていたシーンが削除されてるんですよね。
『片腕マシンガール』みたいな銃撃戦があるせいかわからないですが。


総評
悪くはなかったです。
劇場で見たんですが、その後、2,30人から奇襲をかけられそうな気分にしてくれます。
90p
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
プロフィール

茶栗鼠

Author:茶栗鼠
洋画、海外テレビドラマ、猫について語るブログです。
1992年7月11日生まれ。九州男児。

最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。